ネットウォッチングという情報収集方法は果たして有効?

情報収集するにはネットウォッチングがいい?

情報商材について情報を収集する時のポイントについて今回は紹介します。
皆さんは普段どのようにして調べごとをしますか?

検索エンジンを利用してダイレクトに調べる方法もありますが、それは調べたい内容が特定できている時の方法です。
私が推奨しているのはネットを見るだけで直接文字を打って検索しない方法です。ネットウォッチングと呼んでいますが、ピンとこない人はネットサーフィンという言葉なら聞き覚えがあると思います。

この方法は極めてシンプルかつ自然な流れで情報を収集できるので非常にお勧めです。当たり前に感じるかもしれませんが、コレが一番良い情報収集だと思います。
さっそく観ていきましょう!

どうやって情報を収集するの?

方法は簡単です。最初は特定のワードを検索します。今回なら「ネットビジネス」「情報商材」という大きなワードで検索するのがイイです。
その方が情報が多方面に広がるからです。その後は出てきたサイトの中から自分が読んでみたいと感じたサイトをクリックする、ただこれだけです。

その後はサイト内に貼られているリンクや被リンクと呼ばれる別サイトへのリンクに飛んで記事を読むという方法です。
コレの利点は3つあります。

  1. 今注目されている情報や評価の高いコンテンツを見る事で注目度の高い情報をチェック出来る
  2. 関連性のある情報を見る事で断片的な情報だけなくその裏にある背景を読みとることが出来る
  3. 簡単に出来る

この3つが利点です。

今注目されている情報や評価の高いコンテンツを見る事で注目度の高い情報をチェック出来る

評価されているコンテンツにはそれなりの理由があります。
記事数が多い、信頼性の高いページが多い、ホットなニュースや情報が載っている等などその評価に値する何かがそのサイトにはあるという事です。

それを見る事で質の高い情報を得る事につながるのでお勧めです。

関連性のある情報を見る事で断片的な情報だけなくその裏にある背景を読みとることが出来る

情報には関連性を持った情報というものがあります。
例えば、石油の値段が上がる背景には石油産出国とアメリカの間で問題が起こったり、野菜の値段が上がる理由の背景には悪天候などの要因が絡んできますよね。

その要因が起こる理由がさらに存在して、さらにその理由がおこるワケがあって・・・・
など、何か事件や出来事が起こる裏側にはさらに別の理由が絡んでいる可能性があります。ネットで情報を収集する時は物事の裏側まで知るようにしましょう。

それによってある程度の事態を予測したり、人よりも早く判断することが出来るようになります。

簡単に出来る

コレが一番大きい利点でしょうね。
リンクをクリックするだけなら誰でも出来ます。ネットに不慣れな人でも簡単に情報を集める事が出来るので非常にお勧めです。

ネットを見ると言う行為はただの暇つぶしとは違う

ネットサーフィンをすると言う行為は非常に理にかなった情報収集の方法です。
どんな分野の何を調べるかという事が明確にわかっている場合はあまり効果は無いですが、情報商材やネットビジネスに関してはネットウォッチング、ネットサーフィンは有効な方法の一つだと思います。

皆さんも参考にしてみてはいかがでしょうか?