肌の外側、内側の双方から美肌を保つスキンケア法

美肌は全ての女性の憧れです

美肌とは、どんな肌の事を指すのでしょうか。

まず、色白で、きめの細かい肌、さらにしっとりとなめらかな肌をイメージすると思います。

理想は、赤ちゃんのほほのような、透き通るようなもちもちの肌です。

人は、生まれた時は皆赤ちゃんのようなすべすべの肌ですが、成長と共に、外気に触れ、肌の表面の酸化が起こり、少しずつ肌がくすんで行きます。

小学生位までは、手入れをしなくても、すべすべの肌でいられます。

10代後半になり、運動をしたり外出をしたりするようになると、紫外線に当たる事で、肌の傷みが生じます。

また、女性がメイクを始めると、メイクによる肌への刺激も重なり、徐々に肌へのダメージが積み重なっていくのです。

その為、美肌を保つには、適切なスキンケアが必要となります。

肌が傷む原因とそのメカニズム

肌を傷める原因のうち、外的要素は、「紫外線、ほこりやちり、乾燥」などです。

体内からの要素は、「ストレス、食生活の乱れ、睡眠不足」などです。

10代の頃は、肌のターンオーバーのサイクルが早く、傷んだ肌もすぐに回復します。

しかし、年を重ねるにつれ、肌のターンオーバーのサイクルは遅くなり、しみやくすみが残りやすくなります。

特に、更年期以降は、女性ホルモンの減少により、肌のシミができやすく、消えにくくなります。

肌が傷んでからケアするより、肌が傷まないように予防する方が、美肌を保つためには効果的です。

お肌に直接効果ありのスキンケア

まず、外的刺激からお肌を守る為のスキンケアとして、化粧水、乳液などによる肌のお手入れが挙げられます。

特に強い紫外線を長時間浴びるような時は、日焼け止めやUVカットの化粧品を用いて、肌の傷みを最小限に抑えましょう。

また、乾燥しやすい肌の方は、冬場は保湿クリームで十分皮膚に潤いを与えておくのが良いです。

夏場でもエアコンの効いた乾燥した室内にいる場合は、乾燥肌になりやすいので、保湿化粧品がおすすめです。

保湿用美容液は、肌への浸透力が高く、油分の少ない、べたつかないものが最適です。

また、スキンケアは、化粧品を肌に直接塗る事のみではありません。

化粧品を「洗い流す」事を忘れてはいけません。

メイクをした後は、メイクにかかった時間と同じだけ、「メイク落とし+洗顔後の肌ケア」に時間をかける必要があるとされています。

体の内側からのスキンケア

上記に述べた他に、体の内側から美肌を作る秘訣があります。

肌に悪影響を与えるのは、「ストレス、食生活の乱れ、睡眠不足」などです。

これらを排除し、きちんとした生活習慣を身につける事で、美肌を手に入れる事ができます。

毎日の仕事や人間関係によるストレスは、その日のうちに発散して、リセットして毎日の生活を送りましょう。

また、食事は、美肌を作り上げる重要なポイントです。

肌に良いとされる、ビタミン、ミネラル、コラーゲンなどの栄養素を含む食材を積極的に採りましょう。

睡眠不足は、お肌の大敵です。

夜の12時より前に、就寝するのが良いとされています。

これらの生活習慣を心がけて、体の内側からスキンケアを実行しましょう。