できるだけ、メイクをしている時間を短く!

まずは、メイクの内容から

私が気を遣っているのは、肌になるべく負担を与えないように、メイクに気を配ることです。

まずは、まだどちらかというと若くてシミなどもないので、ファンデーションをしている時間をできるだけ減らします。

コンビニに行くなどのちょっとした外出が目的のときは、日焼け止め(これは必須。冬でも曇りの日でも欠かせません)を塗って、チークとリップだけして出かけます。

もちろん、誰かと会うときにはこんな状態では出かけません。

あくまで、近所に出かけるときだけです。

なるべくナチュラルメイク!

どうしてもお肌に負担をかけてしまうのが、メイク。

けれども、欠かすわけにはいきません。

まず、ファンデーションはなるべく薄く。

チークも付けすぎるとほっぺばっかり目立ってしまうので、あまり濃くはしません。

アイシャドウは服装に合わせて、なるべく薄く。

ベースカラーをするくらいなら、いっそのことしないようにしています。

これが、私がメイクにおいて気を遣っていることです。

メイクをしている時間は、なるべく短く!

私は、外出から帰ると、その日のうちにもう用事がない場合は、すぐにメイクを落としてしまいます。

面倒ですが、こうすることで、皮膚呼吸ができない時間を、なるべく減らします。

家の中では、特にメイクをしている必要もありません。

自然な姿でいるのが、一番だと思います。

もちろん、本当はオーガニック化粧品を使ったりするのが一番良いのですが、私はまだ女子大生。

オーガニック化粧品に手を出すだけのお金はありません。

そんな私が苦労して編み出したのが、この方法です。

肌の質の良さは、ちょっとした努力で少しでもマシに保てると思います。

できるだけ、メイクを始める年齢を遅くすること!

もう遅いよ!と言われるかもしれませんが、これはとても大事です。

早くからメイクをしていると、それだけ肌が傷みやすくなります。

肌がメイクをしている時間は、できるだけ短いのが大事。

もしも子供がいる方がいれば、なるべく早くからメイクしないようにと注意してあげてください。

高校生までは肌も綺麗でファンデーションを付ける必要なんてほとんどないので、化粧をするのは、大学に入り始めてからで良いのではないでしょうか。

早くメイクをして大人っぽく見せたい気持ちも分かりますが、将来のことを考えて、なるべくメイクを始める年齢を遅らせるよう、うるさい!と言われても、口を酸っぱくして言ってあげてください。

まとめ

以上、私がスキンケアについて、メイクをするときに気を付けていることを紹介しました。

オーガニック化粧品なんかなくても大丈夫!と言いたいところですが、そうはいかないので、オーガニック化粧品を買えるだけのお金が貯まったら、私もオーガニック化粧品に頼ると思います。

けれど、それまでの時間稼ぎに、ちょっとした工夫、いかがでしょうか?