毛穴のつまりや広がりのケアのポイント!

毛穴が目立つってどういうこと?

毛穴はだれにでもあるものですが、できたら目立ってほしくないですね。

人の顔にはたくさんの毛穴があります。特に鼻には多いですね。毛穴の近くにある皮脂腺からは、皮膚の保湿のために皮脂が分泌されています。毛穴に汚れや皮脂、古い角質、メイク汚れなど不要なものがたまって毛穴がつまることがあります。毛穴がつまると肌のターンオーバーが乱れて新しい皮膚がうまく作られずに毛穴がひらいりすることがあります。

さらに毛穴につまった角栓が酸化して黒ずんでいくとけっこう目立ってしまいます。

スキンケアを間違えると逆効果

毛穴の黒ずみや角栓が気になるからといってスキンケアで無理に取り除こうとしては逆効果です。

クレンジングでごしごしこすったり、刺激の強いスクラブ洗顔などを使用したりするとかえって肌の潤いをうばって傷つけてしまうことがあります。また一見便利な毛穴パックですが、意外と肌への負担が大きいものです。あんまり頻繁に毛穴パックを行うと肌が乾燥したり、余計に毛穴が広がったりすることがあります。

毛穴パックを使った後はしっかり保湿ケアを行う必要があります。

洗顔方法を見直そう

毛穴のつまりが気になるときには、ピーリング石鹸や酵素洗顔料を使って洗顔するのがいいですね。もちろん、あまり頻繁に行うと肌に負担になるので回数には注意が必要です。

ふだんの洗顔も肌に負担をかけずに、汚れは丁寧に落とせるように改めて見直してみましょう。

洗顔料にはほどよく泡立つ、刺激の少ないタイプを選んでおきましょう。洗顔料をふわふわの泡になるまで泡立てたら、鼻・Tゾーンを中心にして洗い始めましょう。円を描くような気持ちで優しく洗うのがコツです。すすぎ残しがないように、丁寧にぬるま湯で洗顔を行います。

保湿ケアをしっかりと

洗顔後は保湿ケアを必ず行いましょう。

きちんと保湿しておくと皮脂の過剰な分泌を防ぎ、外部からの刺激にも強い肌を作ることができます。保湿ケアは化粧水、美容液、乳液、クリームの順で行います。化粧水や美容液はたっぷり使いましょう。乳液やクリームを使うときには力を入れずに肌の上になめらかになじませましょう。

スキンケアの基本は丁寧な洗顔と、しっかりとした保湿ケアです。決して毛穴のつまりを強引に取ろうとせずに、丁寧な除去方法を知っておきましょう。間違ったケアはかえって毛穴のつまりや広がりを悪化させます。足湯や入浴で身体の代謝をあげることも、体内から老廃物を出すこと、毛穴のつまりや黒ずみを改善するのに役立ちます。