上手な洗顔によって美しい顔を保つ!

洗顔を行えばよいというわけではない

顔は多くの人から見られる体のパーツです。

そのため顔のスキンケアに細心の注意を払っている人は大勢います。そのような人のほとんどは顔のスキンケアは洗顔がベースとなることを理解しています。まずは顔の肌を清潔に保つことを心がけなければならないのです。しかし洗顔フォームや石鹸を使用して顔を洗えさえすれば、常に清潔でいられると感じるのは間違いです。

もちろん洗い立ては非常に清潔ですが、間違った洗顔はトラブルを引き起こす原因となりかねません。では正しい洗顔の仕方について見てみることにしましょう。

泡で優しく洗う

スキンケアは肌を傷つけないように行わなければなりません。

そのため汚れているからといって顔をゴシゴシと力を込めて洗うのは間違っています。まず洗顔フォームを手に取り、それにたっぷりと水を加えて泡を作ります。十分な量の泡ができたら、まずはそれを顔の皮脂の多いところに乗せていきます。その後、顔を優しく泡で洗っていきます。泡は非常に細かいために、顔の毛穴にまで入り込みます。そして毛穴に詰まった汚れをきれいに洗い流してくれるのです。

その後、ぬるま湯でしっかりと泡を洗い流します。

洗顔フォームが残っていると肌に炎症が生じてしまうからです。そして洗い流した後、タオルで顔を叩くようにして水分を吸い取ります。タオルで顔をゴシゴシと擦ってしまうと顔の肌を傷めてしまうことになるために、そのような仕方で顔を拭くことは避けます。このようにして洗顔を行えば、清潔な顔をキープすることができます。

洗顔の回数や洗浄成分にも注意

清潔な顔を保つためには、洗顔を頻繁に行う必要があると考えるかもしれません。

しかしそのようなことは逆効果を生じさせることがあります。洗顔を頻繁に行うと顔の皮脂が洗い流されます。

そして何度も何度も洗顔を行い、顔の皮脂が少ない状態が続くと脳はさらなる皮脂が必要であると感じ、皮脂の分泌量を増やします。このような状況に陥ると皮脂が顔にたくさん存在するようになり、それを餌とする雑菌が繁殖しやすくなります。このような雑菌は肌トラブルを生じさせるために、注意が必要です。

また洗顔の回数だけにとどまらず、洗浄力の強い洗顔フォームを使用しても同じことが起こりえます。そのためもし洗顔フォームの洗浄力が強いことが原因で皮脂の過剰分泌が生じているなら、洗浄力を抑えたものを使用するべきです。