肌荒れさせないためのスキンケア

肌荒れの原因を考えよう

自分なりにケアをしているはずなのに、いつの間にか肌荒れしてしまうという方は、まずどういった原因で肌荒れしているのかを考えてみましょう。その原因によって必要なスキンケアの方法が変わってくることになります。

最も原因として考えやすいのは、乾燥によるものです。秋冬などは特に空気が乾燥しがちですし、それ以外の季節でもエアコンの影響などで肌が乾燥してしまうことがあるのです。そのような原因で荒れている方は保湿を重視したスキンケアにしていくことが必要でしょう。

また、化粧品や何らかの物質に触れることによるアレルギーが原因となっていることもあります。そのような場合は原因となるものを取り除く必要があります。このように、原因によって対応が異なりますので、まずは原因を考えることから始めてみましょう。

とりあえずしっかり保湿から

いつも肌荒れしてしまいがちという方は、荒れていない段階からしっかり保湿をしておくのが望ましいでしょう。肌荒れしてしまってからではスキンケアがしにくくなります。もちろん荒れている段階では皮膚科などで治療を受けることが必要になります。

しかし、その前の段階では自分でケアをしていくことが出来ます。予防できれば荒れることも少なくなり、肌に跡なども残りにくくなります。良く肌が荒れる方は敏感肌であることが多いので、刺激の少ない保湿化粧品などを毎日のスキンケアに取り入れてみるとよいでしょう。

どのような時に乾燥するのか

乾燥は肌荒れの原因となりますが、どのような時に乾燥するのでしょうか。外出時などは気を付ける方が多いですが、意外と室内でも乾燥するものです。特に自宅や職場でエアコンなどを良く使う方の場合、乾燥してしまいがちなので注意しましょう。

また、意外と入浴後や洗顔後にスキンケアをする前も水分が蒸発しやすく乾燥の原因となります。お風呂上りなどにはすぐに化粧水などを付けて保湿をスタートするという事を忘れないようにしましょう。

使用する化粧品にも注意が必要

肌荒れが多い方は、スキンケアに利用する化粧品によって荒れることもあるので十分注意しましょう。新しい化粧品を使う場合は、顔などの目立つ部分に付けてしまう前に身体の目立たないところで確かめてみる必要があります。

一度荒れてしまうと治りにくいものですから、こうした事前のチェックを欠かさないようにしましょう。毎日使うスキンケア化粧品だからこそしっかり確認して安心できるものを選びましょう。