情報商材やネットビジネスが稼げる副業なのでは?と口コミや評判で凄い噂になっている!!

最近インターネットを使った副業をご存知でしょうか?近頃ネットや口コミでも稼げると評判で、体験モニターも募集していてウケも良いようです。

いま尚様々な種類のビジネスが誕生し、副業にピッタリということで私も非常に注目しています

このサイトではネットビジネスだけじゃなく、様々な情報商材をターゲットにして本当に稼げるのか?総合的な評価をしていきたいと思います。

情報商材やネットビジネスが副業として稼げる3つの理由

疑問を持つ人

ネットビジネスが副業として稼げる理由をお話する前に、「稼げる」について定義しておきます。
幾ら儲かったら「稼げる」と言えるか金額を決めるのは難しいので、この記事では収入を得ることができるビジネスを稼げるとします。

基本的にネットビジネスは結果から言うと稼げますし、ネットビジネスで生活している人もたくさんいます。

ネットビジネスにはたくさんの種類があり、みなさんも一度は耳にしたことがあるでしょうアフィリエイトやFX、バイナリオプション、クラウドソーシングなど様々です。

お金を稼ぎたいならどれを始めればいいのでしょうか?
私たちのような一般人がネットビジネスに挑戦する場合は極論自分にマッチしたビジネスを選ぶのが一番効率がいいです。

自分に合ったビジネスで成功したイメージ

自分には何ができて、何が得意なのか?それを知ることが一番簡単にマッチするビジネスを見つける方法です。

もし、自分にできること、得意なことが何だかわからない時は何をするのが嫌いか、自分にとって何が苦痛かを探しそれに当てはまらないものを選ぶのがいいです。

口コミを調べると、ほとんどの人はネットビジネスを本業でやるというよりかは副業として行うケースが多いです。
その方がリスクを少なくできますし、それだけの収入では生活が回らないからです。

情報商材やネットビジネスの中には簡単なモノもあるので本業の邪魔にならない

ネットビジネスの口コミや評判を調べてみると「ネットビジネスを始めたが1円も稼げなかった!」「初めて2カ月経つが思うような成果が出ない!」という声もよく目にします。
そのためネットビジネスに対するイメージがよくない、リスクが大きいという印象を持つ人もたくさんいます。

しかし、それは違います。
多くの方が難易度の高いビジネスを自ら選んでいるからです。自己分析や本業とのバランスを考えずに始め成果を出すことなく諦めています。

基本的にネットビジネスは技術や経験を生かすタイプと誰でもできる簡単なタイプの2種類に分類されます。
一昔前は稼ぐためには作業が難しかったり成果を出すまでに時間のかかるようなビジネスをやるしか選択肢がありませんでした。

それはそうですよね。
稼ぎたいから副業やネットビジネスを始めるわけで稼げないビジネスなんてやる意味がないと考えるのは当然のことです。

ネットビジネスで稼いだ札束を持つ男性

収入は少ないが誰でもできるネットビジネスの代表格といえばポイントサイトやクラウドソーシングが一般的でした。
お小遣いを稼ぎたい、少ない収入でもいいからとにかくお金が欲しいという需要には答えることができるものでした。

しかし、今は違います。
誰でもできるような簡単な作業をしてそれなりの収入を得ることができるようになっています。

先ほどあげたビジネスの中で言うとポイントサイトを使ったビジネスはスマホを使って手軽に出来るビジネスとして紹介されています。
サイト内でポイントを貯めて商品券や換金する事で収入を得る事が出来ます。今やネットビジネスを副業として用いるのは賢い方法として広く認知されつつあります。

空き時間に作業できるので副業に最適

隙間時間に作業すれば良いので本業の合間の副業にネットを使ったビジネスは最適と言えるのではないでしょうか。

持っているスマホでネットを見るだけなら1日15分から30分程度でも稼ぐことができるようですし、これならサラリーマンや主婦だけでなくフリーターや学生でも作業することができます。

ネットビジネスで挫折してしまう人のほとんどが「作業が辛い」「時間がかかる」ことによってストレスを溜めてしまったり本業に支障が出てしまっています。

ビジネスで疲れた男性

副業としてネットビジネスをする場合一番の大敵は「本業に支障が出る」ケース。副業は最悪できなくても本業の収入で生活ができます。

しかし、本業に支障が出てしまえば収入が減る上に会社にばれてしまう事もあります。それを避けるためにもできるだけ無理をせず、簡単に始められてやり方も難しくないものを選ぶのがベストです。

作業時間が短いので帰宅する際の電車の中でも仕事ができます。一生懸命働いて「仕事から疲れて帰ってきた後に作業するなんて出来ない!」という人もいるでしょう。

以上のことを考えると、ネットビジネスは副業にピッタリなビジネスと考えることができます。

ネットビジネスと共に注意したい情報商材について

情報商材は情報を商品として販売するビジネスで初心者でも始めやすいモノから上級者向けの商材まで色々なレベル、ジャンルがあります。
ココ注意したいのは危険な情報商材があるという事です。情報商材の約90%以上が詐欺レベルであると言われています。理由としては情報商材は稼げるかどうか中を見ないとわからないという特徴があるからです。
悪意ある情報商材には特徴があるので非常にわかりやすいです。そのひとつが誇大広告です。

誇大広告

「1日5分月収400万円」など明らかに「言いすぎだよ・・。」と感じるような謳い文句を掲げているような情報商材はかなり危ないです。
皆さんもわかると思いますが「そんなのあり得ない!」と思えるようなオーバーな表現をしている情報商材は明らかに呼び込みが目的です。
この手の情報商材には特定商取引に基づく表記にある表現、及び商品に関する注意書きという部分で「本商品に示された表現や再現性には個人差があり、必ずしも利益や効果を保証したものではございません。」と記載されているケースがほとんどです。

危険

この表記がある情報商材で口コミや評判が良かったためしがないです。
誇大広告がある情報商材は誰でも、簡単に、短期間で稼げると魅力的な言葉で私たちを誘惑してきますが、トラップの危険もあります。
注意してください。

でも情報商材を調べる時どのようにして調べれば良いのか、どんなことに注意すべきかわからないという人も多いでしょう。
このサイトで注意すべき情報商材について学んでみてください。